お父さん、手本みせて・・・

今から、何年いや何十年前だろう。消えたのは。

筆箱のなかにあった、ミッキーナイフや肥後守

私は下手だけれど、もっと上手に綺麗に削っている人がいた。

その方の字は、やさしくきれいにみえた。

鉛筆は、鉛筆削りで削る。電動式や手動式こちら☜はもちろん

左右交互にひねれば削れるラチェット式

ペットボトルに付けるだけで便利なケズリキャップ

太軸鉛筆も削れる鉛筆削り

便利な鉛筆けずりは、多々あるけれど

ナイフにチャレンジ。芯先の長い鉛筆の書き味。

芯を尖らせる楽しみ、短くなったらジャジャーン補助軸に登場

長い休みの最後の日。明日の登校準備ができたあと

言ってみたいね。

お父さんありがとう。見て!上手になったょ。

Follow me!